安全性

路上で長年培った経験と最新技術が融合して生まれたタイヤ
その信頼性はさらに強固に。

安全性に関するメンテナンス

メッツラータイヤの性能を最大限に引き出すための定期メンテナンスのヒントと技術的安全に関するガイドライン

  • ロードパフォーマンス
  • Newタイヤ
  • タイヤの装着
  • タイヤの保管
  • 損傷と修理
  • タイヤの構造

タイヤ空気圧

タイヤ空気圧は基準値に調整してください。必ず週1回タイヤ冷間時に空気圧を確認してください。ご自分でバイクメンテナンスをする方でもタイヤ空気圧の確認をしない方がほとんどです。安全なハンドリングには適切なタイヤ空気圧が欠かせません。タイヤ空気圧が高すぎる場合は、タイヤと路面の接地面積が減って乗り心地が悪化します。一方タイヤ圧が低すぎる場合はハンドリングが低下し、バイクが「振られ」がちになります。さらに空気圧が不十分だとタイヤが急速に摩耗し、燃費の悪化、路面抵抗の増加およびコントロール性悪化の原因にもなります。適切な空気圧は、バイクの取扱説明書に記載されています。メッツラーの情報は基準値の目安とお考えください。注意:非公道(レーストラックやオフロードなど)で使用するためタイヤ空気圧を変更した場合は基準値のタイヤ空気圧に調整してから公道走行をしてください。

加重指数と速度記号

タイヤサイズの表記には負荷能力と走行可能最大速度の情報が含まれています。タイヤの負荷能力は加重指数で示され、この加重を超えてはいけません(車両の許容最大重量を順守してください)。長距離ツーリングの際にバイクに同乗者を乗せたり、パニアケースおよびタンクバッグを装着すると車両の許容最大重量を超える場合があります。

ならし運転

新品タイヤの最適なパフォーマンスを得るには、最初の100~200kmの走行において注意が必要です。ならし運転の期間中は急加速、急ブレーキおよびハードなコーナリングは避けてください。

トレッドの深さ

各国の法律に従いタイヤは交換しなければなりません。メッツラーではトレッドの溝の深さが2mm未満になったときに交換することを推奨しています。

Newタイヤ

新しいチューブタイヤに交換する場合、インナーチューブも新品を取り付けてください。チューブは使用していくと伸びるので、新品タイヤに使用済みのチューブを取り付けるとチューブのゴムが薄く折れ目ができて不具合の発生につながります。
新しいチューブレスタイヤに交換する場合、安全の為に新品のバルブに交換してください。加速時やブレーキング時、および高速で連続走行した場合、バルブが遠心力により最大90度曲がってしまうことがあるので全長の短いバルブを使用してください。200km/hを超える速度試験を実施したところ、バルブインサートにかかる遠心力が高くなり、バルブスプリングのプリロードが不足してバルブを閉じたままにできない場合があることが判明しています。長いバルブインサートと比較して短いバルブインサートはスプリングのプリロードが高く、赤のテフロンリングが付いた短いバルブインサートなら更にスプリングプリロードが高くなります。どのバルブでも必ずバルブキャップを慎重に取り付けてください。メッツラーではラバーシール付きのバルブキャップの使用をお願いしています。
メッツラーチューブレスタイヤは以下の項目を順守した場合のみチューブタイプのリムに装着することができます。
メッツラー製タイヤチューブを使用
最大許容速度230km/h
車両メーカーの使用基準を順守

タイヤの取り付け - 重要な情報 - 警告

メーカー指定のタイヤをご使用ください、それ以外のタイヤの使用は危険です。タイヤに方向性を示す矢印が表示されているか確認してください。矢印がある場合は矢印がタイヤ回転方向を向くように装着してください。
一部のメッツラータイヤにはサイドウォールに赤い点が付いています。この点はタイヤの最も軽い部分を示しているので、点がバルブの隣になるようにタイヤを装着してください。ビード部を潤滑する際はビードクリームまたは石鹸水を使用してください。ビードを上げる:バルブステムコアを取り外し、タイヤに空気を入れてください。安全上の理由からバイクのタイヤに40 psi(2.8 bar)を超える空気を入れないでください。スクーター用タイヤには、指定された最大圧の150%を超える空気を入れないでください。バルブステムコアを再度取り付けてて推奨圧力までタイヤまたはチューブに空気を入れてください。ビードが正常な位置に上がっているかビードのコントロールラインを確認してください。ビードが正常にな位置にない場合は、タイヤまたはチューブの空気を抜いて上記の手順を繰り返してください。

ホイールバランス

タイヤのような弾力体は完璧な円形とバランスの取れた製造は不可能です。したがって、新しいタイヤを取り付けた後は必ずホイールバランスを取ってください。バランスの取り方にはスタティックバランスとダイナミックバランスの2通りの方法があります。スタティックバランスではホイールを回転させる必要がありません。ダイナミックバランスではホイールを回転させてバランスを取ることで、ホイール中心面に対する左右のバランスも測定します。メッツラーでは、幅2.5インチを超すリムではダイナミックバランスを取ることを推奨しています。

ホイールアライメント

リアホイールの脱着およびドライブチェーンの調整したときは、必ずリヤホイールのアライメントを調整してください。ホイールのアライメントが正常に調整されていないとタイヤのトレッドの摩耗を速めて寿命が低下し、ハンドリングやコーナリングに悪影響を及ぼします。

タイヤの保管

タイヤは風通しがよく、乾燥した冷暗所に保管してください。温度変化の大きい場所は避け、25°C未満を維持できる場所に保管してください。パイプやラジエーターに直接接触しないようにしてください。オゾンによりタイヤは劣化するので、高密度オゾンが発生しやすい火花や放電が生じる電気モーターやその周辺機器付近では保管しないでください。オイルやガソリンがタイヤに付着すると、ラバーコンパウンドの劣化を招きタイヤが使用できなくなる可能性があります。タイヤに付着した油やガソリンは、ただちに清潔なウエスで拭き取ってください。

タイヤ修理

チューブレスタイヤ:各国政府の規定により一般的にタイヤを修理することは推奨できません。お住まいの国の規定については各代理店にお尋ねください。
タイヤ修理が許可されている場合、メッツラーではトレッド面にできた小さなパンクにのみマッシュルームヘッドタイプのプラグを使用しての修理することをおすすめします。修理担当者は修理内容および修理したタイヤに関するユーザーへの説明内容についての全責任を負います。
修理したチューブレスタイヤにチューブを入れて使用しないでください。
チューブタイプタイヤ:チューブの修理は禁止されています。パンクしたチューブタイプのタイヤは新品のチューブに交換してください。
パンクやタイヤ交換した場合は専門家がタイヤとリムを点検する必要があります。修理担当者はタイヤ内に水分が浸入しないよう、加硫接着剤を使用してタイヤ修理をしてください。修理担当者はユーザーに対して修理および各点検についての全責任を負います。

タイヤ溝の加工

タイヤのトレッドパターンに溝を掘ったりカットを施すことは、性能や安全性に対して悪影響を与えるため禁止されています。

タイヤ構造

バイアス(別名クロスプライ)タイヤ(「-」)、ベルテッドバイアスタイヤ(「B」)、およびラジアルタイヤ(「R」)の3種類のタイヤ構造があります。
タイヤ構造により横方向および円周方向での路面への伝達能力は異なります。したがって、異なる構造を組み合わせることでオートバイの性能に与える影響が変わります。オートバイメーカーの装備表に記載された組み合わせだけが許可されています。

タイヤパターン

メッツラーは用途に合わせた様々なタイプのタイヤを提供しているので、フロントおよびリアタイヤ両方に装着可能です。しかしストリートタイヤとオフロードタイヤを組み合わせ装着する様なことはできません。

フロントとリアのタイヤ銘柄

フロントとリアで異なる銘柄のタイヤを同時に使用すると、問題が発生する場合があります。残念ながらメッツラーのタイヤを他社のタイヤと組み合わせてテストすることは不可能なため、安全上の理由からフロントとリアの両方でメッツラーのタイヤを使用してください。