For a better experience update your broswer

メッツラー タイヤテクノロジー

A closer look at Metzeler Tyre Technology

INTERACT 3rd Generation

 コンパウンド中の「シリカ」の飽和度を自在に変化させる技術「Silica Modulated Compound (シリカ モジュレイティット ゙コンパウンド、以下SMC)」を新たに採用し、スチールベルト張力を変化させる「MMW」と組み合わせたのが、インタラクトテクノロジーの第3世代、「INTERACT 3rd Generation」です。

 
Range : Roadtec Z8M Interact

INTERACT 2nd Generation

 INTERACT 2nd Generationは、INTERACT Technologyにおけるスチールベルトの張力を自在に変化させるメッツラー・マルチワインディング(MMW)に加え、最新のミキシング技術により素材の性能をフルに引き出したハイパフォーマンスなコンパウンドをグラデーション状に配置する「ディファレント・ステージ・ミキシング (DSM)」と、タイヤにかかる力と同じ方向にグルーブを刻むことで、最小限のグルーブで最大限のウェットパフォーマンスとハイグリップを発揮する「π」デザイングルーブを組み合わせた、第2世代のインタラクトです。

 

Range : Sportec M5 Interact, Roadtec Z8 Interact

Interact Technology

スチールベルトの張力を自在に変化させるメッツラー・マルチワインディング(MMW)と、コンパウンドの硬い部分とやわらかい部分を継ぎ目なく配置する最新のコンパウンドテクノロジー、ノンステップ・ミクスチュア・コンパウンド(NMC)を相互作用(インタラクト)させることにより、モーターサイクルに求められるグリップ性能、耐久性能、安全性能を自在にコントロールする技術。これにより、様々な用途に合った最高の路面追従性を持つタイヤを創り出すことが可能になった。

 

Range: Sportec M5 Interact, Roadtec Z8 Interact, Racetec Interact K3

 

Metzeler Advanced Winding

メッツラー・アドヴァンスト・ワインディングとは、ゼロディグリー・スチールベルトのワインディング間隔を最適化する、メッツラーがパテントを保有するワインディング方式です。スチールコードは、断面の位置に応じて最適な感覚を確保しつつ巻かれます。

 

Range: スチールベルト構造を持つタイヤ全て

 

Multiple Radius Contour

マルティプル断面形状とは、ハイパフォーマンスライディングのためのエンジニアリングテクノロジーが注ぎ込まれた断面形状設計です。ライダーの意思を的確にハンドルに伝えられるように、そして効果的なグリップ特性が得られるように、コンターの曲率がトレッド中央部とショルダー部で異なっています。トレッド中央部はより早く正確なハンドリングを確保するために、曲率が小さくなっています。サイド部分は、コーナリング時の安定性を高めるために接地面を大きくするべく、曲率は大きくなっています。

 

Range: Racetec Rain, Lasertec

 

Metzeler Belt System

メッツラー・ベルト・システムとは、従来方式のダイアゴナルベルトで、これもメッツラーのパテントとなっているテクノロジーです。このモジュール化された構造技術により、ベルトひとつひとつをバイクのニーズに合わせたサイズに調整することができ、すぐれたスタビリティが約束されます。そのパフォーマンスと重量は、パワフルなクラッシックバイクのために開発されたもので、バイクの動的性能が向上します。

 

Range: Lasertec, ME 880, ML 2

 

MBS-Radial

MBS-ラジアルとは、ラジアルカーカスとダイアゴナルベルトを備えた、即ちMBSテクノロジーを盛り込んだタイヤを意味します。ラジアルカーカスにより、低扁平タイヤが実現可能になり、コーナリング時の安定性が向上し重量が軽減されます。さらに、ダイアゴナルベルトがタイヤの変形を抑制するため、高速性能が向上します。

 

Range: ME 880, Tourance EXP, 

 

Single Radius Contour

シングル断面形状とは、非常にスムーズなデザインを特徴とする、カスタムツーリングバイク専用に開発されたタイヤ断面形状です。特にヘビーモデル向けです。トレッド部分が広く取ってあるので、あらゆるスピード域で快適な乗り心地と安定性が確保され、通常のタイヤよりも長寿命となっています。断面形状のサイド部分は丸くなっており、リニアなハンドリングを提供します。

 

Range: ME 880, Perfect ME 11, Perfect ME 77, Block C, Block K

 

Contour Modelling Technology

CMTとは、最新バイクにおけるハイパフォーマンスなライディングスタイルにフィットするように設計されたタイヤ断面形状の最新設計技術です。フロントタイヤとリアタイヤを異なったプロファイルで組み合わせることにより、最適なマッチングが得られます。フロントもリアも、あるひとつの傾角において最適になるように設計されています。フロントとリアのセットの最終的な断面形状設計は、どのようなスタイルでライディングしても、またどのようなバイクに装着されても、予測性、限界グリップ、フィードバック、コーナリング時の安定性の全てにおいて最高のパフォーマンスを発揮します。

 

Range: Racetec, Sportec M5 Interact, Sportec M3, Roadtec Z8 Interact

 

Dura Sil

デュラ・シルとは、最新のハイパフォーマンス・コンパウンドです。高いシリカ含有率と新しい強化要素により、より良い弾性と優れた力学特性を実現しています。このニューコンパウンドは、低温から高温、ドライからウェット、公道からレーストラックなど、あらゆる条件での迅速かつ効率的な適応性と高い耐久性を両立させています。

 

Range: Sportec M5 Interact, Sportec M3

 

Steel Radial

スチールラジアルとは、モノプライのスチールコードでラジアルカーカスの周囲をゼロディグリー(、円周方向)で包んだ、革新的なベルト構造です。このテクノロジーはメッツラーのパテントとなっており、フロントとリア両方のハイパフォーマンスタイヤに適用されています。テキスタイルよりも高張力というスチールの特長を生かして、タイヤの重量を軽減しています。また、スチールラジアルベルト(ゼロディグリー・スチールベルト)は、その高張力により遠心力に起因するタイヤの変形を抑えるため、タイヤの高速安定性を向上させることができます。さらに、均一な熱分布により、寿命が確保され、偏摩耗の発生が抑制されます。

 

Range: Racetec, Sportec M3, Sportec M5 Interact, Roadtec Z8 Interact, ME 880, Tourance EXP, MCE Karoo

Maps

Loading...