For a better experience update your broswer

タイヤ構造

A closer look at Metzeler technology

バイアスタイヤ

2層以上のカーカスコード(ゴムでコーティングされた繊維)で形成された構造。カーカスコードの貼り合わせ角度、繊維素材などは、求められるタイヤの性能により異なる。

ベルテッドバイアス構造

2層以上のカーカスコードに、主に繊維素材で作られたベルトを巻きつけた構造。カーカスコードは主にタイヤ剛性や耐荷重を決定づける。ベルトは遠心力でタイヤが変形するのを抑える役割を果たす。

ラジアルクロスプライベルト構造

進行方向に対し90度で巻きつけられた1層のカーカスコードと、数層のベルトからなる構造(フロントタイヤの場合はカーカスコードが2層で進行方向に対し斜めに数度の角度がつけられている)。タイヤ全体がシンプルな構造のため軽くなり、コーナーリング時の安定性に優れ、遠心力による変形が抑えられるため直進安定性が高い。

 

ゼロディグリースチールラジアル構造

進行方向に対し90度で巻きつけられた1層(フロントタイヤの場合は2層)のカーカスコードと、進行方向に対し0度で巻きつけられたスチール素材のベルトからなる構造。スチールベルトは引張強度が非常に高く、遠心力によるタイヤの変形が抑えられるため、直進安定性が高い。また、タイヤのダンピング性能が高く、衝撃吸収性に優れる。

Maps

Loading...