For a better experience update your broswer

安全な走行のために

メッツラーモーターサイクルタイヤ使用上のご注意

 ・空気充填

タイヤリム組み時の空気圧は必ず350kPA (3.5kgs/cm2)以下の空気圧で実施してください。万一の破損によるタイヤ等の飛散を防止するために安全囲い等を必ず使用して空気を充填した後、車両メーカー指定の空気圧に調整してください。

 

・タイヤの傷

傷がコードに達している場合やコードが露出している場合は、本来のタイヤ強度が損なわれ破損の危険がありますので使用しないでください。修理が可能かどうかは販売店にご相談ください。

 

・タイヤの装着

破損の危険がありますので、タイヤを車両に装着したときに車体と接触する恐れがないか、必ず確認してください。

 

・安全走行のポイント

急発進、急制動、急旋回など無理な走行、乱暴な運転はタイヤ、ホイールを早く痛めるばかりでなく重大な事故にもつながりますので、絶対に避けてください。特に湿潤路、積雪路および凍結路は滑りやすく、事故につながる恐れがあるため、路面の状況に応じた適切な運転をしてください。

特に装着した直後は、ワックス分が取れてグリップが安定するまでに約100km前後のならしが必要です。アクセル、ブレーキ操作やコーナリングには注意してください。

 

・タイヤ選択時の注意

本ウェブサイト内のタイヤはモーターサイクル専用です。モーターサイクル以外には使用しないでください。

車両に指定された標準サイズを使用してください。前輪と後輪でサイズ、パターンが異なる場合があります。十分注意してください。

新品タイヤを装着するとき、チューブ付きタイヤには新品チューブを、チューブレスタイヤには新品チューブレスバルブを使用してください。

タイヤサイズに適合したホイールに装着してください。また、チューブレスタイヤには「FOR TUBELESS」または「TUBELESS TIRE APPLICABLE」と表示されたチューブレスタイヤ専用ホイールを使用してください。

 

・異物、傷の点検

運転中に異常(振動・異常音)を感じたら、速やかに安全な場所に停止し、タイヤ及び車両を点検してください。タイヤに釘やガラスなどの異物が刺さっていないか、その他傷及び異常な摩耗などがないか点検してください。異物が刺さっている場合は、全て取り除いてください。

 

・タイヤ、ホイール装着時の注意

チューブレスタイヤはビード周辺の傷などで空気漏れを起こすことがありますので、リム組時には必ず潤滑剤を塗布してください。

タイヤ内の異物や水分によりタイヤの機能を損なう場合があります。リム組み前にタイヤを点検し、異物や水分を取り除いてください。

コンプレッサー内の水もタイヤ内に入る場合がありますので、定期的にドレイン抜きをしてください。

チューブレスタイヤのリム組み後には、タイヤとリムのかん合部(ビード部周辺)やバルブ穴からの空気漏れ(バルブを上下に動かす等)がないことを確認してください。

異常振動、編摩耗を防止するために、ホイールバランスを必ず調整してください。

回転方向等の装着位置の指定があるタイヤは、指定通り車両に装着してください。

 

・空気圧に関する注意

タイヤ使用時の空気圧は車両メーカー指定の空気圧に調整してください。空気圧の測定調整はタイヤが冷えている状態で走行前に実施してください。(走行後は熱によって空気圧が高くなりますが、決して抜かないでください)

 

・タイヤクレーム検査

検査のお申し出は、購入された販売店にお申しつけください。

新車装着のタイヤおよび当社にて輸入されたタイヤ以外のクレームは補償いたしません。

公道以外の走行歴のあるタイヤに関しては、一般クレームの対象外とさせていただきます。別途ご相談ください。

 

・廃タイヤ処理

廃タイヤを処理するには、費用がかかります。

Maps

Loading...